新田クリニック 院長 新田長生コラム

医療法人社団 健成会
新田クリニックの院長 新田長生(整形外科医)
大平山不動寺住職 新田光照 のコラム。
<< 親と子の人間学 | main | 仏教的介護のお諭し >>
メディカルフィットネス昴 開設3周年の御挨拶
2008年7月、メデイカルフィットネス昴開設3周年を迎えることが出来ました。2006年3月発行の本誌:月刊情報誌SUBARIAN STYLEの紙面をお借りしてメンバー様各位に御礼申し上げます。
 昨年2007年からはメンバー様とスタッフ中心で構成した野球チーム
プレアデイーズも旗揚げし、毎週早朝練習を行っております。今年は順調に
上山市の予選を勝ち抜いております。勝敗の結果はSUBARIANで随時ご報告しますので応援宜しくお願いします。
 また、昨年は上山市「花笠祭り」にも健成会スタッフ一同とメンバー様の混合チームでオリジナルの振り付けをひっさげて初参加し、いい汗をかきました。地域に根ざした、地域の方々のためのフィットネスクラブを目指し、今後も積極的に各種イベントに参加していく予定です。
 今年はご存知の通り、検診体系が一変し、これまで市で実施してきた基本健康診査はなくなり、ご自分の加入している医療保険者が特定検診と銘打って案内・実施する形になりました。検診項目内容から「メタボ検診」といわれるものです。もちろん (医) 健成会新田クリニックにおいてもこの検診を受けることが出来ます。検診の結果、メタボリックシンドローム、またはそのリスクのある人と判定されたら、特定保健指導を受けなければなりません。
(医)健成会新田クリニックおよびその付随施設であるメデイカルフィットネス昴はその開設当時よりこういう時代が日本でも必ず到来すると確信し、我々スタッフ一同、常に情報を収集し、最新のフィットネス知見や生活習慣病予防策などを勉強して、メンバー様をはじめとして地域の方々に対し、生活習慣病予防における運動療法の重要性を発信して参りました。生活習慣病予防施設としてこの3年間で培ってきた経験と実績をもとに、新たに加わる特定保健指導も責任を持って実施していきます。しばらくは当施設以外に上山市、山形市を含めた医療機関で指導を実施できる施設は他に認められておりません。生活習慣病予防と同様メタボ対策の特定保健指導も当施設が県内での先駆けとなるわけです。これまで以上に我々スタッフは皆様の健康維持のための良きアドバイザーであり、同時に良き理解者であれるよう努力・研鑽を積んで参ります。我々と一緒に「メタボリックシンドローム撲滅元年」とでもいうべき本年を楽しみながら和気藹々と乗り越えていきましょう!
 運動療法は時に苦しさを伴います。結果がなかなか思うようにでずに、モチベーションが低下することもあります。しかし、実践なくして結果も、感動も、喜びも得られません。
 我々スタッフ一同も4年目を迎え、初心に返り、(医)健成会の基本理念である「All for Patients & Users(すべては患者様、利用者のために)」をモットーに今後も医療を通じ皆様の健康維持、疾病予防の手助けに努力を惜しみません。
 「メデイカルフィットネス昴」は会員制クラブです。メンバーの、メンバーによる、メンバーのためのクラブです。みんなでよりよいクラブに育てて行きましょう。

Enjoy fitness life !!


(医)健成会理事長  新田 長生
| 院長:新田長生のコラム | 15:27 | - | - | ↑TOP