新田クリニック 院長 新田長生コラム

医療法人社団 健成会
新田クリニックの院長 新田長生(整形外科医)
大平山不動寺住職 新田光照 のコラム。
祝. 10周年  Medical Fitness SUBARU
メンバー様のお陰でメデイカルフィットネス昴も10周年を迎えました。心から感謝申し上げます。これからもスタッフ一同皆様の健康と体力増進に微力ながらお手伝いさせていただきます。
医療法人社団 健成会 理事長


これからしばらく 私(理事長)の独り言・・・
 
Dietの語源はギリシャ語の「diata」だろ。意味は「生活仕様」。つまりダイエットや運動は「生き方」そのものなんだ。だから決してONとOFFで考えてはならない。「今日…今日だけがんばるんだっ…! 今日をがんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!」「やれば出来る子」は出来てない子なんだ。いつやるの?いつもでしょ!!。何事も「明日から〜」そう言うやつに「明日はない。」丸くなった”は性格だけに。「もっとポッチャリして欲しい」はオードリーヘップバーンにだけ許されると思うんだよねー。
 太る人は「食べてないのに〜」が常套句になっているけど、人間、一夜にして太るわけないだろ。一夜にして痩せる事もありえないじゃん。フィットネスの効果がないのではなく、効果が出るまで継続していないだけなのになー。太るほど絶対食べているっていうの!無意識ほど怖いものはない。動物も鳥も魚も、あなたの体脂肪になるために命を落としたわけじゃないんだ。
 5キロ痩せるには10キロ痩せる努力が必要。ところが多くの人は、どうにか2キロの努力で痩せられないものかと考える。その強欲さのおかげでそこまで太ったことに気づいていない。あなたが痩せてスマートになっても誰も困らない。 もし困る人がいるとするならそれは太っているあなたを見て笑いのネタにして陰でしか悪口を言えない心の狭い人だけだよ。そんな人達のくだらない楽しみなんかぶち壊しちまえ。「○○するといいよ」 「××は効果ないよ」 他人の無責任な助言ほど無意味でくだらないものはない。 「ノーペイン、ノーゲイン」って言葉知ってるかい?結果が欲しければ苦痛に耐えろ!『過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる。』 俺はスバリアンたちを信じているよ!そしてスバリアンたちよ!、君たちは共に流す汗だけを信じよ!!
 でも結果を出すのは辛く、困難だよな。そんな時はこう思うのさ。
カッコ付けまくるのが1番! もっともっと自分を好きになれよ!なりたい自分に、なれないまま死にたくないだろ? 一生に一度でも、なりたい自分になろうぜ! 人生を無駄にしたくない、だって 一度限りの人生だもの、by たけお
人間、その生涯を食べて運動もせず痩せるのなら、それは病気。 病気とデブと痩せる努力、どれを選びますか?その老い方が、健康で生きていくのか?それとも、苦しんで生きていくのか?
どちらがいいの? 健康でカッコよく生きるために、努力する集団。それが スバリアンさ!
そんな考えの仲間たちが一人でも増えていけば、街自体がもっと活気のある明るいものになるのになー! 
独り言です。気にしないでください。あーすっきりした。
| 院長:新田長生のコラム | 12:44 | - | - | ↑TOP
激励!スバリアン達
 

メデカルフィットネス昴開設6周年を迎えることが出来ました。月刊情報誌SUBARIAN STYLEの本紙面をお借りしてメンバー様各位に御礼申し上げます。

2011.3.11 日本人、とりわけ我々東北人にとって決して忘れることのない大災害を経験しました。まだまだ被災地は復興には程遠い状況が続いておりますし、被災人の心には深い傷跡を刻む結果となりました。幸いスバリアンに直接被災者は発生しませんでしたが、友人・知人で被災された方は多かったのではと推察します。

大震災以降しばらくは燃料不足等クラブ運営上、会員の皆様にも少なからずご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。スタッフ一同、早期にフィットネスの復旧を可能にすべく努力し、皆様の運動不足を最小限にとどめられたと思っています。我々は上山市で受け入れた避難者に対し、市および医師会の依頼を受け、週2〜4回の避難所での健康維持のため運動療法やエコノミー症候群予防エクササイズ指導をボランテイアデで行ってきました。これまでに培った経験・知識を避難者に提供できましたことはスタッフにとりましても新たな指導者としての自覚と責任を喚起できたと思います。

隣の県では自動車で1時間もかからないで行けるところなのに何千人も亡くなり、まさに地獄絵図といった様子であります。我々は命、人生、死というものを考え直し、命に感謝!人生を充実したものに!死を悔いなく迎えるため!健康的に生きる義務があります。こんな時期だからこそ健康が大事なのです。働ける、元気な身体と健全な精神にしておかなければならないのです。何よりも元気に働き、生き生きとした人生を歩んで欲しいのです。我々健成会スタッフ一同、エネルギッシュな人生を歩みたいと願う方々を今後も応援していきます。

Enjoy fitness life !!

 

(医)健成会理事長  新田 長生

| 院長:新田長生のコラム | 16:05 | - | - | ↑TOP
東日本大震災被災者および福島原発避難者へお見舞い
 3月11日午後2:46 発生しました東北地方太平洋沖地震はマグニチュード9.0という国内観測史上最大、世界でも最大級となる巨大地震でした。さらに島国日本にとって避けがたい続発した津波被害。この追い討ちをかけて発生した巨大津波も想定をはるかに超えたものであり、東北地方を中心に関東におよぶ太平洋沿岸部に暴虐の爪痕を残しました。また、地震による福島原発の機能停止そして爆発まで続発し、放射線漏れによる被曝災害も今なお国民の恐怖心を大きくしております。

大震災の被災者および福島原発避難者の方々には心よりお見舞い申し上げます。また、このたびの震災でお亡くなりになられた方たちに衷心より哀悼の意を表します。

 想像を絶する悲劇、数えきれない各地の悲劇、直前まで美しいリアス式海岸の町の悲劇、悲劇…ですが、これはまぎれもない現実です。私たちは被災者たちとともに手を取りあい、前を向いて進まなければなりません。(医)健成会も翌3/12には宮城県名取市のほうへ知人を介して支援物資を運び入れました。また、3/24からは上山市体育文化センター避難所における医療・メディカルチェックの活動を私と看護師で開始。加えてメディカルフィットネス昴のトレーナースタッフによる避難者を対象とした運動療法指導を開始しております。微力ではありますが、我々も復旧、再興、そして避難者の健康維持のため努力を惜しみません。(医)健成会では義援金も募っておりますのでご協力お願いいたします。


Cheer up Japan! がんばれニッポン!
| 院長:新田長生のコラム | 10:07 | - | - | ↑TOP
メディカルフィットネス昴 開設3周年の御挨拶
2008年7月、メデイカルフィットネス昴開設3周年を迎えることが出来ました。2006年3月発行の本誌:月刊情報誌SUBARIAN STYLEの紙面をお借りしてメンバー様各位に御礼申し上げます。
 昨年2007年からはメンバー様とスタッフ中心で構成した野球チーム
プレアデイーズも旗揚げし、毎週早朝練習を行っております。今年は順調に
上山市の予選を勝ち抜いております。勝敗の結果はSUBARIANで随時ご報告しますので応援宜しくお願いします。
 また、昨年は上山市「花笠祭り」にも健成会スタッフ一同とメンバー様の混合チームでオリジナルの振り付けをひっさげて初参加し、いい汗をかきました。地域に根ざした、地域の方々のためのフィットネスクラブを目指し、今後も積極的に各種イベントに参加していく予定です。
 今年はご存知の通り、検診体系が一変し、これまで市で実施してきた基本健康診査はなくなり、ご自分の加入している医療保険者が特定検診と銘打って案内・実施する形になりました。検診項目内容から「メタボ検診」といわれるものです。もちろん (医) 健成会新田クリニックにおいてもこの検診を受けることが出来ます。検診の結果、メタボリックシンドローム、またはそのリスクのある人と判定されたら、特定保健指導を受けなければなりません。
(医)健成会新田クリニックおよびその付随施設であるメデイカルフィットネス昴はその開設当時よりこういう時代が日本でも必ず到来すると確信し、我々スタッフ一同、常に情報を収集し、最新のフィットネス知見や生活習慣病予防策などを勉強して、メンバー様をはじめとして地域の方々に対し、生活習慣病予防における運動療法の重要性を発信して参りました。生活習慣病予防施設としてこの3年間で培ってきた経験と実績をもとに、新たに加わる特定保健指導も責任を持って実施していきます。しばらくは当施設以外に上山市、山形市を含めた医療機関で指導を実施できる施設は他に認められておりません。生活習慣病予防と同様メタボ対策の特定保健指導も当施設が県内での先駆けとなるわけです。これまで以上に我々スタッフは皆様の健康維持のための良きアドバイザーであり、同時に良き理解者であれるよう努力・研鑽を積んで参ります。我々と一緒に「メタボリックシンドローム撲滅元年」とでもいうべき本年を楽しみながら和気藹々と乗り越えていきましょう!
 運動療法は時に苦しさを伴います。結果がなかなか思うようにでずに、モチベーションが低下することもあります。しかし、実践なくして結果も、感動も、喜びも得られません。
 我々スタッフ一同も4年目を迎え、初心に返り、(医)健成会の基本理念である「All for Patients & Users(すべては患者様、利用者のために)」をモットーに今後も医療を通じ皆様の健康維持、疾病予防の手助けに努力を惜しみません。
 「メデイカルフィットネス昴」は会員制クラブです。メンバーの、メンバーによる、メンバーのためのクラブです。みんなでよりよいクラブに育てて行きましょう。

Enjoy fitness life !!


(医)健成会理事長  新田 長生
| 院長:新田長生のコラム | 15:27 | - | - | ↑TOP
病とのおつき合い
 このコラム欄では、院長のもう一つの顔である、真言宗寺院不動寺住職の立場から私感を述べていただきます。

「病とのおつき合い」

 病人とは心も精神も弱っている状態にあります。「どうして自分だけがこんな目に遭うのか?」「どうして自分だけがこんなに苦しまなきゃいけないの?」「どうして・・・?どうして・・・?」と、どんどんネガテイブに悲観していまいます。どうして自分だけが・・・と思ううちは、この苦しみから離れられません。

 この苦しみを受け入れて、共存していこうと決心したその瞬間から痛みや病苦は安らぐものなのです。
| 院長:新田長生のコラム | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP